自転車と釣りと余白と

自転車と釣りと周辺の余白について

Beyond Reason 理性を超えて

 ヒラスズキフライフィッシングで釣ることが私にとってのパイオニアワークだった頃の話。
理性を越えた先に。

 ・・・

 低気圧の通過した12月の朝濡れた山道をひたすら歩き稜線へ登り詰めたその眼下、木々の間からわずかに見える海岸線は、打ち寄せる波に覆われていた。
夜が明けるまでは雨が降っていた。今は降ってはいないが、未だ鉛色の雲が空を覆い、それは陰鬱とした色彩で水平線に溶け込んでいた。
稜線から山腹を降り磯に立つ。打ち寄せる波は強く、そして厚いサラシを形成していた。時折来る大波を注視しておかないと、身体を持っていかれるような荒れ具合だった。
磯際から少し離れ波の具合を見ながら、ロッドを継ぎ、リールからラインを引き出してガイドに通してゆく。その間も、幾重にも波が打ち寄せて来ては、汀を真白に覆い尽くしてしまう。

30ポンドのショックティペットにフライを結び、それをガイドに掛けてリールを巻き取り、ロッドを肩に担いで満潮の潮溜まりを歩き、打ち寄せる波のタイミングを見て少し大きな岩の上に飛び乗る。
飛び乗った岩の先は一面のサラシ。それは打ち寄せる波によって拡がっていた。その寄せる波の幾つかは、私の足を駆け上ってきた。
ガイドからフライを外し、リールから投げる分だけのラインを引き出して、足元に溜め、タイミングを見計らい、フライを投げる。波の引きによって出来る流れを感じながら、ラインを引きフライに動きを加えながら手繰り寄せてくる。

何度かそれを繰り返した後、その瞬間を迎えた。

リトリーブする左手の感じていた抵抗が消えたと同時に、サラシを割って跳躍したヒラスズキ。その後、ロッドとラインに重みが伝わった。
ギッと胃が締め付けられ、極度の緊張を強いられる。外れるな、外れるな・・・
少し長いやり取りの後、どうにか寄せてきたヒラスズキを、立っている岩の背後の潮溜まりへ誘導し、自身もそこに飛び降りる。腰まで浸かりながらヒラスズキの口を掴んで、大波が寄せて来ない内に安全な場所まで退避する。無事取り込めた・・・
足元に横たわるヒラスズキ。白銀の胴と薄く青みがかった背。メジャーを取り出し、長さを測り、デジタルカメラで魚体を撮影し、余韻に浸る間もなく、ヒラスズキを海に帰した。

f:id:keepcool:20210225122126j:plain

まだ釣れる・・・

やり取りで壊れたフライを新しいものに替えて、再び岩に飛び乗り、サラシに対峙する。先程と何も変わってはいない風景は、時間を逆行したかのようだった。

そして、再びその瞬間を迎えた。

今度は明確な躍動を手に感じ取った。やり取りも、少しばかり余裕が出来たのか、ロッドの描く曲線を見る事が出来た。それでも相変わらず胃が締め付けられる緊張感は変わらない。
無事取り込むことが出来たヒラスズキは、やはり白銀の胴と青みがかった背をしていた。口元に刺さったフライを外し長さを測って撮影して、海に帰した。

f:id:keepcool:20210225122157j:plain

2本目のヒラスズキを釣った後も、同じように、フライを新しいものに取り替えて、岩の上に乗り、サラシに対峙した。
そして、投げるべきタイミングを待った。

投げなかった。もういい、止めよう・・・

左手の指先で保持していたフライをロッドのガイドに掛け、出しておいたラインをリールに巻き取った。そして、岩から降りた。

もういい、もういい・・・

投げていたら、確実に釣れたはずだ。だけれども投げるのを止めた。
不意に、形容しがたい感情に支配された。それが何なのかはわからないが、既にヒラスズキを2本釣った余裕からではないのだけは確かだった。そんな事ではない・・・
それは理性を越えた先に、あるのかも知れないと、漠然と思った。

しばらく海を眺めてみた。相変わらずサラシが拡がっている。何か変化した事と言えば、鉛色だった空が、青く澄み切ったことぐらいか。
その青い空を見上げた。

f:id:keepcool:20210225122421j:plain

 

・・・

 今から13年前、2008年12月の出来事。

Beyond Reason 理性を超えて

 

 

 

 

 

回顧と展望 

2021年も1ヵ月半が経過した。相変わらず新型コロナウイルス(COVID-19)は収束及び終息の兆しが見えないような世の中ではあるが、あと少しで河川が解禁だと思うと、気持ちが軽くなり身体も軽やかに動くような気になる。早く川原に立ちたい。

昨シーズンは、どこかで醒めた感覚を孕んだまま川原に立つ日々だった。魚と私との切実な間合いでの対峙ではなく、自分自身の釣りの姿や川の流れやハッチやライズ、それらを含めた風景を自身の背後から他人事のように傍観しているような距離感で釣りをしていた。いや、昨年だけではなく、程度の差こそあれいつもそういう節はあったが、それがより先鋭化した年だった。そういう感覚は、ありふれた言い方をすれば「私という他人を演じている私」ということにでもなるだろうか。それは強烈な自我の認識なのか。ともかく、他人である私を演じているという感覚を孕んだまま釣りをすることが多かった。
そういう感覚は、ある種の思索には良いとは思うけれども、魚釣りに於いてはどうもいまいち釣りに主体として没入できていないようで、何か勿体無いなという俗欲の感情が湧いてくるばかり。それは例えば、何人かで川を遡行しながら釣りをしている時に、眼前の釣りにのめり込んでいる釣友を見ていて、絵空事のように後を付いて行く私はその姿を羨ましく思えたりといった感情。自分自身も同じように釣りをしているのに、どうも何か主体として釣りに没入できていない・・・そう感じるのは、或いは年月だけは一人前に重ねてきた釣りキャリアに於いて染み付いた垢のせいなのではないのか?いつも釣りに行けば、川原に立てば、それは日々是新、新しい世界の構築だと口では言いつつも、どこかで同じことの繰り返し、過去の記憶と記録をなぞっているだけの、予定調和を地で行くだけの、釣りになっているのじゃないか?などと、多少自嘲気味に分析してみたり。何と面倒な性格なこと・・・

道元禅師は、只管打坐というけれども、只管打坐(この場合釣りではあるが)を繰り返している内に、疑念めいたものを孕んでしまい、迷中迷(めいちゅうめい)に陥っているのが、昨年の私の釣りだったのかも知れない。

f:id:keepcool:20210219142702j:plain

そんな昨年だったが、それなりに印象的な釣りや魚には出会った。
ライズを釣ることだけを目的にもう15年ほど通いつめている川で、それまであまりやった事のなかった、荒い瀬を大きなドライフライを動かしながら下る、フラッタリングの釣りがそれだった。
フラッタリングの釣り・・・何となくルアー的で積極的にすることは無かった釣りだが、5月の連休明けのある日に、オオヤマカワゲラに対して激しくライズするヤマメを見つけて、それを釣った時から、鮎の解禁で釣りが難しくなるまで、フラッタリングの釣りに傾倒した。毎年良型のヤマメを釣るプールでのイブニングをすっ飛ばしてまでして・・・
しかしながら、いい釣りは初回だけだった。あとは尻すぼみになっていくばかりだった。ハッチのピークに、偶々そのいいタイミングで釣りが出来たというだけだった。
それでも、核心部分でフラッタリングさせると激しく反応してくる様を見た時の、気持ちの昂ぶりをもう一度とばかりに、最後までそれを続けた。静かな水面で静かにライズする魚と対峙した時の気持ちの昂ぶりとはまた違った種類の興奮を得るために。

f:id:keepcool:20210219142633j:plain

わかってはいる、だけれども、どうしようもない・・・

そういう身の置き所の無い自身の中にあるものを抱えたまま、今季も川原に立つことになりそうだが、まあそれが釣りなのかなと・・・

f:id:keepcool:20210219142643j:plain

回顧と展望

 





 

 



散文的な日々に

散文的な日々の事柄について


新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の世界的流行。今年2020年は、未来の歴史書において特記すべき年であろうことは想像に難くない。昨年末(2019年末)の中華人民共和国武漢市に端を発した流行は、7月現在全世界を席巻し(パンデミック)、未だ収束の目処は立たず、ワクチンの開発、治療薬の開発、効果的な予防法、それらの成果もはっきりとしない状況で世界の人々は日々暮らしている。
私個人も例外ではなく、いわゆる「行動変容」「対人距離(ソーシャルディスタンス?)」などのよくわからない文言だらけの「新しい生活様式」に取り込まれつつ日々暮らしている。色々面倒な事ばかりで、うんざりしながらも、マスクを着用しての外出と、手の消毒の徹底や、対人距離の確保、人の密集する場所への立ち入りを出来るだけ避けるように努めている。そんな日々の事柄からいくつか・・・

 

この7月、私は本来なら、青く澄み切ったアイダホの空の下で水草のなびく川に立ち込み、悠々とライズし悠々と流したフライを無視し続ける鱒に翻弄されているはずだった。それがこんな事になってしまうとは想像すらしていなかった。構想すること数年、本気で準備を始めて1年、スケジュールを調整し資金を調達し釣具を誂えて、後は機上の人になる日を待つばかり・・・だったのだけれども、思わぬところで足を掬われてしまった。「是非に及ばず」本能寺の変の際、謀反を企てて襲撃してきたのが明智光秀だと告げられたとき、信長はそう言ったと歴史書にはあるけれども、私はこの様な仕儀に至ったことに対して「是非に及びたい」心中だ。天下を目指した人と、ライズを目指した凡庸な人(である私)との差は如何程のものかはともかく、私は直ぐには諦観の境地には至らず。今となっては、まあ仕方がないよね・・・と思うばかりだが。

f:id:keepcool:20200713003456j:plain

 

この感染症の流行を受けて、あれこれとよろずの事を考察してみた。こんな時でもないと考えたり調べたりしないような事をあれこれ拾い集めてみた。集めたのはいいのだが、私の性分からしてどれにも着手しながら、まあそのどれもこれも中途半端なままで、考察の途中だったり、結論というか中間報告すら覚束ないような状態ながらも、幾つか深淵を覗き見たくなるようなコトガラには辿り着いた。例えば、オンライン会議を始めとする、対人関係の「オンライン化」の行き着く先にあるものは生体としての人間の消滅(というか、量子コンピューターと常温核融合炉が実用化されたらその素地は十分に満たされると素人ながら思うが)になるのか?という事。漠然としたイメージでしかないが、そうなった世界を見れるなら見てみたい(その場合、その世界を見ているのは、記憶媒体に集約された自分自身なのか、現在の有機的な細胞の集合体の生体の自分自身なのかは判別できるのかがわからないが)という気持ちは強い。まあこのようなアイデアも、もはや古典的ではあるから、何を今更な感じではある。が、そのSF的、空想科学的なものは着実に実態となってきた歴史を顧みれば、あながちアホな妄想ではないだろうと思うのだが・・・(参考にした南直哉さんのブログ記事を添付しておきます)身体の行く末 - 恐山あれこれ日記 

f:id:keepcool:20200713003627j:plain

 

「ポストコロナ」という言葉が散見される。単純にコロナの後の新世界というほどの事なのだろうけれども、まるで「ポストモダン」みたいに使われていて、私は「ソーカル事件」を思い浮かべてしまう。二つの言葉は、完全なる一致はないものの、構造的には似ているのではないのかと、大した根拠もないままそう投げかけておく。「コロナ」の時代とその周辺の事象を、ポストコロナという言葉を使い衒学的に解説し聴衆を欺瞞に落とし込むのではないのかと邪推しておく。にしても・・・猫も杓子も「コロナ評論家」になってしまった感がある中で、自分自身がそれらをどう捌いていくのかは、まあ先ず以っての私の課題・・・

f:id:keepcool:20200713003829j:plain


散文的な日々に・・・

対峙すること  ~釣人の眼前の風景~

釣人は絶えず対峙している。

それは魚であったり、

水面であったり、

風であったり、

太陽であったり、

漆黒の暗闇であったり、

輝く月であったり、

嵐であったり・・・

しかし、本当に対峙しているものは「何か」ではない何か。

彼らの眼前の風景は、それではない・・・

f:id:keepcool:20170221173141j:plain

 

f:id:keepcool:20200305173124j:plain

f:id:keepcool:20170221165559j:plain

f:id:keepcool:20200305164931j:plain

Was vernünftig ist, wird wirklich, und das Wirkliche wird vernünftig. (Hegel)

f:id:keepcool:20170221171653j:plain

f:id:keepcool:20180124162347j:plain

理性的であるものこそ現実的であり、

現実的であるものこそ理性的である

f:id:keepcool:20200131164608j:plain


静かなる事を、学べ・・・







 

 

「ヘンリーズフォーク」への事始め 個人的な事柄

「ヘンリーズフォークでライズに没頭したい」

 

長年そう思い続けるばかりで、具体的な行動に起こさなかった。そのうちに、またいつか、という具合に想像の域を出ない物語でしかなかった。アメリカ・アイダホ州のスネークリバー水系、テイルウォーター、水草が生い茂る川床、PMDのハッチ、ドレイクのハッチ、生ける伝説のレネ・ハロップに会えるかもしれない(私個人としてはレネよりマイク・ローソンの印象であるヘンリーズフォーク)、世界一難しいとされるライズ・・・などのワードを並べるだけで実際に事を起こしそうになり、なんとなく沙汰止みとなり、また物語を練ったりと。

丁度20年前、南米アマゾン河の支流の支流の支流辺りで、ピーコックバスや得体の知れない怪魚を相手にフライを投げていた頃は、ヘンリーズフォークなんて・・・と嘯いていたと思うが、もう自分自身の人生の残された時間が少ない事を「実感」するようになった今、物語のプロットを練り直すばかりでは何も書き始められないと気づき、具体的に行動に移すことにした。ヘンリーズフォークへ行く、と決めた。

f:id:keepcool:20191215130756j:plain

今の時代、情報は勝手に飛び込んでくるくらいに氾濫していて、却って何から手をつけていいのかわからない、そういう時や事がある。ヘンリーズフォークへ行くと決めたものの、具体的な準備や手続きや経費や日程など、どうしたらいいのか?と、あれこれ調べ始めたものの、どれを選んでどれを捨てるべきなのかすらわかりかねる情報の量と質に埋没してしまい、さてどうしたものか・・・となった。

 渡航に関すること、費用、アメリカという国、そういう事に関しては、何となく理解しているつもりであるし、過去にアメリカに行った事もある(釣りではないが)ので、そこはまあいいとしても、逆に釣り(フライフィッシング)の情報、それらの取捨選択をどうしたらいいのか?となった。何から着手していこうか・・・と。

想像は膨らみ、それらはどんどん美化されてゆくが、いざ現場に立つと、そこは想像の世界ではなかった、となるのだろう。想像は妄想でしかない・・・という事は自分自身のこれまでの経験で染み付いているのだけれども、それでも色々と想像する。とはいえ・・・ごちゃごちゃ考えても仕方がない!と、半ば無理やりにヘンリーズフォークへの「事始め」として、竿を製作してもらうことにした。細かなスペックは、これまたあふれる情報に翻弄されていた。例えばラインの番手、4番なのか5番なのか?という基本的な事すらも決めかねていたような有様。結局、経験豊富な先達の助言に従い5番とした。竿は当然の事ながら、竹。別に5番の竿ならアメリカ製の有名どころのカーボンのものを持っているから、新調する必要がないのだけれども、そうじゃないだろ・・・と、妄想が膨らみ、いつも使っている竹竿のビルダーさんに依頼した。もうこれで、後戻りは出来ない。

f:id:keepcool:20191215132330j:plain

竿は来春に出来あがる予定で、今竹を削り始めたと電話があり、いよいよ後戻りが出来ないと「覚悟」した。そんな大層な事を・・・と、思われるかもしれないけれども、そうでもしないともう一生かの地にてライズに対峙することはないのじゃないかと思えてならないので、覚悟を決めないとならないなと、しておく。

まだ他にも、毛鉤を巻く事や、足りない道具を揃えることや、具体的な日程を決めることと、渡航と滞在の段取りと、周りへの「根回し」と、色々ある。ただライズに没頭したいだけなのに、それへの障壁は、川面を吹く風や難解な流れやハッチチャートやトラウトの偏食具合だけではないわけで、それなりに生きてきた年月分だけいよいよ高い障壁となっているから、さぁ・・・どうしたものかと思うが、もう決めたのだからと、粛々とこなしてゆくだけ。

f:id:keepcool:20191215132223j:plain

残された時間が少ないことに気づいたのとは、何を以ってなのか?

老眼が進行しているような気がしたからです。ライズに没頭できる残された時間は本当にリマインダーがしつこく知らせてくるよりもより切実に「その時」が近付いていることを知らせているようで・・・

 

個人的な事柄として



 

 

Conquest of paradise 釣人は「楽園の征服者」なのか

荒涼とした原始が剥き出しの世界へ浸透してゆく釣人。

釣人は荒れ狂う海に対峙し、ヒラスズキを追う。

自然との対話、自然への畏敬の念、自然の恵みに感謝・・・

そのような感傷的な言葉など、一切顧みることなく、ただひたすらに、ヒラスズキを追う。対話を拒否した圧倒的な対峙の世界を行く・・・

 

Conquest of paradise

 

釣人は、楽園の征服者。

調和された「楽園」たる世界を破壊する行為こそが釣りであり、その実行者が釣人なのだと、私は思う。ヒラスズキを追う釣人もまた、荒涼とした世界の征服者たらんと、そこへ浸透してゆく。

f:id:keepcool:20191208010201j:plain

 

だが一方で、私は、釣人は自らの意思で楽園に浸透した征服者ではなく、実はその楽園から誘(いざな)われ、汀に立たされているのではないのか?と、思う時がある。

釣人は無意識のうちに楽園に誘われ、汀に立たされ海と対峙させられて、楽園から試されている存在なのではないのか?楽園からの問いに対して、答えを間違えると、楽園は容赦なく釣人の命を奪うのではないのか?

だとしたら、釣人は征服者などではなく、もっと別の存在なのではないのか?いや、存在すらしていないのではないのか?

では、釣人とは・・・

f:id:keepcool:20191208011543j:plain

海に対峙しながら、そのような事を思った。

 

 

「静かの海 Mare Tranquillitatis 」について

f:id:keepcool:20191207014140j:plain


冬の海、

ことに荒れ狂う海に対峙し、

ヒラスズキ(Lateolabrax latus Katayama)を追う釣人を記録したドキュメンタリー作品。

 

「静かの海 Mare Tranquillitatis」

 

釣人は何故そこまでしてヒラスズキを追うのか?

私は、その問いへの旅を続けている。

釣りとは?

釣人とは?

荒涼とした原始が剥き出しの磯を、ただひたすら行く釣人。

絶対的に救済のない世界の汀にて、釣人は何を視るのか。

 

f:id:keepcool:20191207012030j:plain

f:id:keepcool:20191207012500j:plain

f:id:keepcool:20191207012610j:plain

Κύριε ἐλέησον.....kylie eleison....

f:id:keepcool:20191207013100j:plain

輝ける、闇へ。

 

 

*画像の無断使用を禁止します。画像には著作権番号が付与されています*